レーザー治療

img_laser02治療機器当医院は最新のCO2レーザー治療機器を備えています。最新のレーザー治療を行い、患者さまの痛みを軽減させ、ストレスの少ない治療に努めております。また、レーザー治療は痛みを素早く取り除いてくれるという効果もあり、口腔外科処置には欠かせない治療効果が高まる高度先進歯科治療になります。いかなる時でも患者さま第一を心がけておりますので、ご不明な点はなんなりとご質問下さいませ。歯科口腔外科だけでなく口腔内のことに関する治療のお問い合わせも随時受け付けています。

 

治療のメリット

知覚過敏の治療
過敏状態の神経を沈静します。歯の表面に薄い膜をつくり、刺激が伝わらないようにします。即座に効果が現れ、症状が和らぎます
虫歯の予防
歯ブラシでは届かない歯のミゾの奥まで消毒、滅菌することが可能になりました。虫歯になりにくい(酸に溶けにくい)強い歯になり、歯のフッ素吸収力を高めます
歯周病の治療
殺菌効果により、歯槽膿漏の原因である細菌を、急激に減らすことにより、進行を抑制し治癒を早くします。歯槽膿漏の外科手術治療にもレーザーを併用することで、 痛みを軽減し治癒を促進します
口内炎の治療
口内炎にレーザーを照射すると、すぐに痛みが和らぎます。組織の活性化により早く治ります。
着色歯肉の改善
黒っぽくなった歯肉をレーザーで治療すると、きれいなピンク色の歯肉に生まれ変わります。
切開
非接触切開ができるので、痛みも少なく、大変清潔で早期治癒が可能です
止血
出血部位の表面を固めることで止血を行います
活舌をよくする
舌の裏側にある小帯(すじ)をレーザーメスで切開しますと、舌の可動範囲が広がり滑舌がよくなります
口腔外科処置後のレーザー
口腔外科処置をした後にレーザーを照射しますと、早期に消炎し痛みも少なくなります

レーザー照射機とは

レーザー照射機は直径1mm程度のセラミックパイプの先から直線的に照射できるレーザー光線の特徴を生かして、非接触で組織に照射し、組織の治癒を早めたり、殺菌消毒、蒸散、止血等を行う治療器です
治療の様子
写真のように接触することなく、患部を治療します
laser-photo1
痛みは
患者さんはまったく痛みもなく、何をされているか分からないうちに治療が終わっています。口腔外科手術には表面麻酔や通常の麻酔を使用しますのでまったく痛みはありません。
用途
虫歯予防・治療歯の溝等に照射することで歯質を強化します。酸に負けない強い歯を作ります。また溝にやや強めに照射しますと、初期の虫歯は蒸散され、そこにセメントを充填しますと、虫歯治療が完成します。
レーザー治療の利点
知覚過敏となっている部位に照射しますと、エナメル表面の神経伝達を阻害するため知覚過敏が収まってきます。口内炎に使用しますと、痛みが和らいできます。長期間できている口内炎は、麻酔を併用し、筋層の上から蒸散(焼くこと)しますと、形的には、少し凹みができるものの痛みはほとんどなくなります。蒸散させた後のくぼみは,時間がたてば元に戻ります。レーサー治療の利点は、非接触・高温なので非常に清潔で、滅菌作用まで持ち合わせていることです。
laser-photo3
歯周病に方とか、麻酔は併用しますが、腫れた歯ぐきを焼いたり、形を整えたりもします。それにより、磨きやすくなり歯周病になり難くなります。また根の治療に用いますと、神経があった場所(歯の中の細くて長い見にくい部位)の消毒に役立ちます。レーザーメスを使用しインプラントを行えば、ほぼ無痛で、出血も極めて少なくインプラント埋入手術が可能です。口腔外科処置後や抜歯後の止血にも非常に有効で、長時間ガーゼを噛んでおく必要もありません。術後にレーザーを当てておくと、治癒が促進され直りがよくなります。他に、レーザーホワイトニング(歯面漂白にレーザーの熱を併用することで効率を良くする)、レーザー縫合(切開部分や傷口を糸を使わずにとめる)、歯ぐきや唇の色素沈着除去等にも使用できます。

費用は ※費用は例です。
費用は部位・範囲によって変わりますが、おおよそ一回の治療で3000円~1万円です。
口内炎・・・・・・3000円(照射時間1~2分)
虫歯予防・・・・3000円(照射時間1~2分)
知覚過敏・・・・3000円(照射時間1~2分)しみなくなるまで繰り返します。
歯肉の整形・色素除去・・1万円~(歯3本程度の領域の歯肉蒸散で約5分)
レーザーインプラントなどの併用手術の場合、詳細はご相談下さい。