入れ歯(義歯)

入れ歯の調整

163ad_m入れ歯が咬みにくいと感じる方、一度その入れ歯をしっかり調整してみてはいかがでしょうか?

最初から合わないのはともかく使っているうちに入れ歯もスリ減ってきたり歯ぐきの形が変わったりして適合が悪くなることがあります。

そのような場合にはしっかりと調整を行いちゃんと適合するようにしてやれば良く咬めるようになってきます。

入れ歯が咬みにくいと感じている方は良く咬めるように調整いたします。

入れ歯の修理

DSC_0689入れ歯が合わなかったり、壊れた時もおまかせ下さい。

大きな割れでもその日のうちに修理・調整します。

また歯ぐきは日々変化していますのでちょっとでも具合が悪い時にはすぐ調整しましょう

痛みのもとをすぐに見つけ出しすぐに調整してゆきます

ハナフサデンタルクリニックは技工室も完備しており入れ歯の修理等当日に行うことが可能となっています。

新しい入れ歯

002入れ歯(義歯)治療は残っている歯を削らなくて良いので、歯の保存を考えるととても良い治療です。

ただ完全に固定されていないいので粘着性の強い食物を食べると多少動いてしまうのが欠点です。

しかしよりよく調整を繰り返すうちに自分の歯のようになってきますので根気よく調整に通ってください。

新しい入れ歯を作るには
1日目・・・おおまかな型取り(義歯の設計、トレー作り)
2日目・・・自分専用のトレーを用いた精密な型取り(作業用模型作り)
3日目・・・咬み合わせ採得(上顎と下顎をどの位置で咬み合わせるかの確認)
4日目・・・人工的な歯を並べて確認(歯の形や色、並び方の確認)
5日目・・・ようやく完成です

以上の工程が必要になってきます。

よく噛める入れ歯を作るにはたくさんの工程が必要になってきますが、なるべく早く工程を進めることができるように努力しています

ハナフサデンタルクリニックではどうなの?

入れ歯を新しくするときにまず何を基準にしていますか?

歯の色・形・歯並び等の歯の見た目に関すること

あるいは咬んだ時の咬み心地(かみ合わせ)

床(ピンクの部分)の大きさや厚さ

クラスプ(ひっかけている金具)が見えるか見えないか

義歯に求める項目は人それぞれ違いますが、すべてを満足させることはなかなか困難を極めます。

ハナフサデンタルクリニックではなるべく多くの満足を得るためになるべく「薄く小さく・機能的に咬める・見た目にもきれいな」義歯を作成しています。

咬んでみて少しでもおかしいと感じた場合にはすぐに来院いただき調整をしています

よく噛むための道具として、機能的であり義歯を入れているときの表情がよくなるようさまざまな工夫を取り入れて作成しています
018